こんなの出てこないかな     もうじき、おとーちゃんになる、オイラの徒然。タイトルにSONってかいたけど、DAUGHTERかもしれません。


by i_yassi

カテゴリ:動物の子育て( 1 )

皇帝ペンギンえらい!

今日テレビで、皇帝ペンギンの子育てを知った。

皇帝ペンギンは、メスが卵を産むとすぐ、子育てをオスにバトンタッチするらしい。
産卵で衰弱したメスが、すぐ餌を食べれるようにだ。

オスは、卵を、マイナス50℃の外気から守り、孵化させるため、
皮下脂肪でつくられた暖かい自分の股の間に入れる。

しかし、オスの仕事は、
卵がかえり、ふわふわのかわいいヒナが誕生したところでは終わらない。
c0074142_2384698.jpg

そのヒナをブリザードから守る為にまた股間に入れ、
今度は自分の胃の中の残留物や、
ペンギンミルクと呼ばれる胃液と胃粘膜が混ざった物を与え、
オスは文字通り、見を削って子育てをしなければならない。

ほぼ4ヵ月間、オスは絶食状態で、
メスが餌場からもどってくるまで子育てをするのだ。

えらい、えらすぎるよ、皇帝ペンギン。
しかし、過酷な妻(メス)の産卵出産現場を目の当たりにした
私(オス)には、この話、人ごとではありません。

私(オス)もやります。やりますとも子育て。
つかれきった妻に代わって。
身を削る覚悟で。


「出産で大変だったから、後は俺がやるよ」って
おもむろにヒナ赤ちゃんを、股間にはさむとこから、やってみます。

c0074142_2442197.jpg

ヘソがあるので、鳥類ではありません
[PR]
by i_yassi | 2005-03-30 02:38 | 動物の子育て